ただいま充電中

会社辞めました。最後の秋休みを楽しみます。

ドミニオン初心者による拡張セット「海辺」のレビュー

こんにちは HAAANです。

つい最近、拡張セットの「繁栄」を購入してレビューしたばっかりなのですが、それだけでは飽き足らず、更に新たな拡張セットの「海辺」を購入しました。

20181106105233

ドミニオン拡張セット 海辺 (Dominion: Seaside) (日本語版) カードゲーム

拡張セット第2弾として登場したセットで、前回の「繁栄」は第4弾のため、少し古いセットの購入となります。ただ、こういったゲームは古ければ古いほど「基本に忠実」なので、むしろ「海辺」を購入してプレイした後に、「繁栄」を購入すべきだったと思いました。「繁栄」セットは、そこまで複雑なカードはないもの大味なカードが多いため、若干やりにくい感はありました。「海辺」はコストの軽いカードが多いため、初心者同士のプレイではカードのやりとりが頻繁に起こり、停滞が滅多に無いため、スムーズにゲームを進められ、非常に初心者にやりやすいセットだと感じました。ただ、中には非常にトリッキーなカードもあり、なかなか飽きがこない良質なセットだとも思います。

今回は、この「海辺」セットについてレビューしていきたいと思います。

目玉は何といっても「持続」カード

20181106105235

これはシンプルに言うと、「1枚で自分のターンと次の自分のターンに効果を及ぼす」カードです。

例として

船着場

・コスト5

・現在と自分のターンの開始時に:

+2 カードを引く

+1 カードを購入

この船着場がめちゃんこ強いんですよ。だって次のターン、手札7枚からスタートですからね、弱いはずが無い。

そんな強力なカードが8種類収録されています。他の持続カードも「自分のターンに1回だけ」だったら「う〜ん・・・」ってなるような効果だけど、次の自ターンも効果が及ぶと考えると一気に価値が上がる効果ばっかりです。また、ドミニオンとしては珍しい、相手のアタックカード(相手にも効果を及ぼすカード)の影響を受けなくするカードも持続カードとしてあります。

灯台

・コスト2

+1 アクション

現在と、あなたの次のターンの開始時に、+1金

・このカードが場に出ているかぎり、他のプレイヤーがアタックカードを使用しても、あなたはそのカードの影響を受けない。

相手のアタックを無効化するカードに「堀(基本セット)」がありますが、こちらのカードは+1アクションを付加してくれるので、腐りにくく、さらに+1金のオマケ付き。手軽に利用できるので、「山賊(基本セット)」や「魔女(基本セット)」で相手を妨害しようとしているプレイヤーにとって、とてもイヤらしいカードです。特に同セットの「海賊船」が序盤まったく活躍出来なくなるケースが多くなり、「うぜー!」と叫ぶシーンが多くなります。

トークンも2種類収録、あと特殊マットもあるよ

20181106105234

「繁栄」と同じく、こちらのセットもトークンが収録されております。一つは「金貨トークン」で、「繁栄」で利用する金貨トークンと同じです。もう一つは「抑留トークン」、「抑留」というカードでのみ利用します。あまりトークンを使わない&抑留カードがそもそも使いにくいにも関わらず、大量に抑留トークンが収録されております。こんなにいらない。

マットは単なる置き場です。こっちもすごい枚数収録されてます。こんなにいらない

使いやすいカードがたくさん!

20181106105236

やはり、「海辺」とあるだけあって、「海」の関するイラストのカードが多いですね。

全体的にコストが軽く、効果もシンプルなので扱いやすいです。

この中で、僕が「面白い!」と思ったカードと「?」と思ったカードを紹介します。なお、効果は大雑把に書きます。(大変だから)

面白いと思ったカード

このカードと手札のカードを脇に裏向きで置く。それはゲーム終了時に山札に戻る。

手札にくると邪魔な勝利点カードを端っこに寄せる事が出来ます。つまりデッキ圧縮ができると言う事です。しかも、このカード自体が勝利点カード(2点)なので、2枚の勝利点カードをデッキから外して、ゲーム終了時にしれっとデッキに戻せるのは地味に強力。侮れません

原住民の村このカードと手札のカードを原住民マットに裏向きで置く、もしくは原住民マットにあるカードを全て手札に戻す。

島カードに似ています。ただし、こちらは、もう一度「原住民の村」を使用すれば手札に戻す事が出来ます。強い!ってカードがどうか言われると微妙ですが、使っていると結構面白いです。わりかしテクニカルなカードかもしれません。

策士手札を全て捨てると、次のターン、+1カードを購入、+1アクションを得る。

持続カード。自分のターンを1ターン無駄にする事で、次のターン行動が多く取れるようになります。まさにハイリスク・ハイリターンなカード。手札が10枚スタートになるので、ドロー系カードや「祝祭(基本カード)」といった購入を増やすカードと組み合わせると、めちゃんこブーストがかかって、1ターンの遅れ以上の利益を得ることも可能です。ただし、「策士、策に溺れる」事にならないように気をつけたいカードです。(上手くいかなかった時、高確率で相手にそう言われます)

?と思ったカード

宝の地図このカードと宝の地図を破棄すれば、金貨を4枚獲得

金貨4枚獲得は強いのですが、「宝の地図」を2枚購入した後に、手札に「宝の地図」が2枚来なければ意味がなく、腐る可能性が高いです。山札の枚数が少ない序盤にやれば手札にくる可能性も高くなりますが、このカードのコストが4と高く、またこのカードを2枚も買っている暇があれば、銀貨を購入していったほうがずっと役に立つ気がします。イマイチ使い勝手が悪いカードです。

抑留このカードを破棄して、サプライの山札の上に抑留トークンを1個置く。そのカードを購入したプレイヤーは呪いを獲得する。

相手に買わせたくないカードの上に抑留トークンを置いて、購入を抑制できるカードなのですが、所詮呪いカード1枚なので、あまり抑制力はありません。しかも、相手の購入したいカードって、自分も購入したいカードな時が多いので、下手に使うと自分の首を絞める事になります。難しい

見張り自分のデッキの上から3枚見て、1枚を破棄、1枚を捨て札、1枚をそのままにする。

デッキの圧縮にしては、もの足りないし、デッキの上という不確定要素なのも厳しいし、なにより全て強制効果なのが、このカードの使いにくさを加速させています。おそらく、同セットの「海辺の妖婆」対策に使ってね〜という事なのかもしれないのですが、如何せん使いにくすぎる。使いこなせる人がいたら教えてください。

全体的にプレイしやすいセット。初めての拡張セットはこれでいいかも!

以上が「海辺」のレビューとなります。使い方が「?」なカードもいくつかありますが、多くは使いやすいカードばっかりです。初めて拡張セットを買おうと悩んでいる方は、このセットから購入すればとりあえず間違いはないのでしょうか。

ちなみに僕は、また拡張セットを購入する予定ですw。いずれかは10セット全部を手に入れて遊んでみたいと思います。

次は「陰謀」が欲しいんですが、Amazonで9800円・・・。定価が5000円ぐらいだと思うので、だいぶ高いですね・・・。どっかのおもちゃ屋に置いてないかなぁ・・・。

ではっ!

【関連記事】

www.haaan.xyz

www.haaan.xyz