ぴーちくぱーちくな日々

雑記ブログだよ〜

ぴーちくぱーちくな日々

内定辞退は「直接会って、感謝?」あほらしー

20190517165309

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/haaan09/20190517/20190517164557_original.jpg

↑内定辞退の逆バージョン

こんにちは HAAANです。

日経新聞が、波紋を呼ぶ記事を出したようですね。

【内定辞退の正しい伝え方、「直接会って、まず感謝」を】

という内容の記事。

読んでいいない方にざっと説明すると

・内定辞退には、まず「自分を選んでくれた企業に感謝の心を持ちましょう」

・「メールの送りっぱなしや電話で完結してはダメ。必ずその企業に足を運ぶことが重要

・「そもそも入社する可能性がないのなら最初から内定を受諾してはいけない」

との事

感謝ねぇ・・・

なんか過剰な感じもするけどね

また、この記事では最後の方に、内定はプロポーズと書いていたのですが、これだと内定辞退はプロポーズお断りって事になりますよね?なのに

プロポーズしてくれてありがとう!私を選んでくれて嬉しい!!感謝しかない!でも、私はあなたと結婚できない!!でも・・・嬉しい!!マジ感謝!!

って言うのは、流石にプロポーズしてきた人にとって酷すぎない?こんな感じで言われるぐらいだったら「ごめんなさい」って言われた方がマシなような・・・

告白して相手から「〇〇君は優しいし、いい人だと思うんだけど・・・」って言われるぐらいダメージがある

そもそも選んでくれた企業に対して感謝の気持ちを伝えたって、相手側から「でもうちに来ないんでしょ?」って言われたら終わりですからね。

内定辞退は電話一本で「行きません!」でいいでしょう。感謝なんて必要ない。そもそも企業側も「内定者に感謝されよう!」って思いながら選んでないと思うし、仮に思ってたらそれはそれでヤバイ企業だから、どちらにせよ感謝の気持ちなんて必要ないよ。

それにしても、日経新聞も随分攻めた記事を出すようになりましたね。こんな記事、出したら批判が殺到するに決まってるじゃん。炎上狙いで書いたならともかく、それが正しいと思って書いたなら、考えがかなり古いとしか言いようがないと思います。

そもそも、もう日本の就活文化が、天下のリクルート様のコントロールによって「とにかく応募しまくれ!!!そして内定を確保しまくれ!!!」っていう方針に完全になってるんだから、内定辞退の際に、わざわざ企業に足を運ぶなんて現実的じゃないよね。

なんか書き方に個人的な恨みが無い?

ないよ!!

(あるだろ・・・)

あ〜〜あ、自分も内定辞退するほど内定確保してぇな〜〜〜!!

ではっ☆