ぴーちくぱーちくな日々

雑記ブログだよっ!

ぴーちくぱーちくな日々

ニート期間を振り返ってみる【約9ヶ月間】

20190330212211

こんにちは HAAANです。

もうすぐ4月です。新生活の季節が今年もやってまいりました。

私も4月から社会復帰っ!

3月の初めには「転職活動の終わりが見えねぇ・・・」と嘆いておりましたが、なんとか採用に至り、ギリギリ4月入社に間に合いました。一寸先は闇とはよく言ったものです、人生どうなるか全然予想が出来ません。

まぁ、何はともあれ、私の約9ヶ月間のニート生活は無事終わりを告げるわけですが、せっかくなので、このニート期間を振り返ってみようかと思います。

ニート生活は、私は今回初めてだったのですが、正直言ってかなり苦痛でした。多分、時間の消費の仕方が絶望的に苦手なんだと思います。かなり時間を持て余した感がありました。もし、私が仕事をリタイヤして年金暮らしを始めたら、することが無さすぎておそらく一気にボケる自信があります。

とりあえず、私のスタンダードな1日をご紹介しましょう。

ニートの1日

朝10時に目が覚める

おっ?ニートにしてはまぁまぁ早いんじゃないか?

私は基本的に夜型にはならなかったからね

ニートを始めると、生活リズムがズレて夜型人間になる人が多いイメージがありますが、私の場合10時には目が覚めるので、ギリギリ朝方人間だと思います。9月に食べる冷やし中華ぐらいのギリギリさだと思います。

しかし・・・ここで注目をしてもらいたいのが、目が覚めるのは10時・・・という事なんですよね。

?どゆこと?

目が覚めてから12時まで布団の中でスマホをぽちぽち

うわ〜〜〜!ダメ人間〜〜〜

そうなんです、目が覚めてもニートはなかなか活動を開始しません。飽きるまで布団の中でスマホを弄くります。

大体、モンストログイン→Twitter→SmartNews→Yahoo!→メール→ブログの確認→Twitter・・・(繰り返し)

何度も何度も同じアプリをぐるぐる飽きるまで見ます

Twitterとか、一度更新して何もなかったらすぐにまた更新をして・・・みたいな事を繰り返すので、結構無駄な時間を過ごしているというのは自覚しております。ああいうのは本当に謎の中毒性があるというか・・・ついボ〜〜〜と見ちゃうんですよね。

そして見るものが枯渇し、ブルーライトで覚醒した脳みそがようやく動き出し、のそのそとベットから這いずり出ます。

12〜13時に昼食

大体が袋麺かうどんです。安い

基本的に食事は自炊です。

ニートで毎日外食だとか、コンビニ飯の人間は、かなり贅沢な部類です。カップラーメンとか贅沢品、袋麺なんてラーメン5袋入りで160円だぞ!ゴラァ!

13時〜17時ぐらいまでYouTubeとモンスト、ネットサーフィン

THEダメダメ人間

この時点で昼食の食器まだ片付けてないからね

ニートがYouTubeだとかニコ動だとかの動画共有サイト見ちゃダメです。永遠に見ちゃうから。

しかも、YouTubeとモンストのようなソシャゲって凄い相性がいいんですよね。まるでパンとコーヒーみたいなマッチング力を持っています。

どちらとも対して頭を使わずに、目と耳はYouTube、手はスマホをシュッシュと動かしているだけなので、かなり脳みそが劣化していくのが日に日にわかります。正直、YouTubeはかなり危険で、後半は見るものが無さすぎて、「蜂の子を蜂の巣からひねり出す動画」だとか「遊園地の園内アナウンスを流すだけの動画(それは動画なのか?)」を見たりするなど、時間さえ潰せれば良いみたいな考えになってました。

17時に買い物に行く

買い物は大体2〜3日に1回でした。まとめて買うことで、2日間程は家に引きこもる事が出来る様にするためです。

ニートになると、お金の余裕が無くなるので遠出や娯楽などでお金を使用する事を躊躇います。お金を使わない様にするには、家に引きこもっているのが1番なのです。これがニートの心が弱っていく1つの要因なのだと思っています。

18〜19時に夜ご飯

働かないで食う飯も美味い!

それは良かったね・・・

大体1食500円ぐらいで済ませます。

昼食の時も書きましたが、基本的に一人暮らしニートは自炊必須です。自炊をしないで「食費を節約してるんだけど金がかかる・・・」って言っている奴は似非貧乏人なので注意しましょう。

19時〜23時ぐらいまでYouTubeとモンスト、ネットサーフィン

あれ!?昼と同じじゃん!!

これしかやることないからね

特に書くことはありません。本当に無いんです。

23時頃にお風呂に入って、24時ぐらいに就寝

これで1日が終了です

うっす!1日が薄いわ!

別に何時に寝ようがまったく問題は無いのですが、なんとなく生活リズムが大幅に狂うのは、謎の恐怖があったために毎日24時には寝床についていました。

ただ、24時に寝床についても、完全に眠りに落ちるのは体感的には深夜2時ぐらいだったような気がします。理由は単純で、単に疲れていない、というのと、ふと将来の事や現状を考えてしまうと、頭の中でいろんな不安がグルグル回って頭が冴えちゃうんです。これが結構キツかった。やはり人間たるもの、寝床についたら直ぐに眠りにつきたいものです。

1日を生かされている感が凄い

とにかく、1日が暇でした。

「1日が早く終わって欲しい・・・けど、1日が終わるとまた新しい1日が来る・・・」という矛盾を感じながら日々を過ごしていました。

たまに失業保険を貰いにハロワに行くのですが、その日は「わーいお出かけだー」って気持ちでワクワクしてましたね。今考えると、その時点ではよ就活しろや!って感じですけど

もう戻ってくることはないでしょう

ニート中は、なぜか脳が考える事を停止していた気がします。

いろんな事を後回しにしていたと思います。

人間は楽な方へ行くと、ちょっとでも面倒な方へ行くにはものすごい労力を必要とすると改めて感じました。

なので、そういう事を知れたという意味では、このニート期間を体験して良かったんじゃないかと思っています。

なのと楽しいということは違うんだな・・・とわかったよ

なんかもうちょっと濃い内容の記事にしたかったんだけど、あまりにもニート期間中にしてきた事が薄い為、なんかフワフワした感じに・・・まぁ、これでいっか・・・今回はこんな感じで

ではっ☆