ただいま充電中

会社辞めました。最後の秋休みを楽しみます。

妄想は直接的な描写を遥かに凌駕する

久しぶりに少年ジャンプを購入して読んでいたのですが、

20181016112926

このコマ・・・

正直、感動しました。

「文乃っちって意外と大人なパンツはいてんね!」

いやはや・・・、ここ最近読んだ漫画の中で、一番助平なコマじゃないのかな。

これは僕たちは勉強ができないという漫画のワンシーンで、ラブコメといういわゆる助平シーンが溢れがちなジャンルの漫画なのですが、この漫画は最近では珍しく肌や布の露出は控えめな漫画で、女の子の萌え的な可愛さを前面に出した漫画です。

ちなみに、僕が独断で考えたそれぞれの漫画の立ち位置は以下になります。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/haaan09/20181016/20181016122633_original.jpg

あくまで僕の考えなので、細かいところはあまり気にしないで下さいw

「ストーリー重視」とは、ストーリーをよく読まないとその漫画を楽しめないというもので、この図の助平に近づけば近づくほど別に漫画をよく読んで無くても、その漫画は楽しめてしまいます

ToLOVEるとか、僕一回もまともに読んだ事が無く、いつもパラパラめくる程度なのですが、助平度が激しいのでそれでも十分楽しめます。なのでちゃんと読めばよりその漫画を楽しめる筈なのですが、いかんせん助平が前面に出されているので、シリアスなシーンなどが少しでもあると、読む気が無くなってしまうのが玉にキズですね。助平度が上がれば上がるほど、そういったシーンを絶え間なく入れ続けて読者の期待に答えなければいけないのです。一度そちらの道に行ってしまったら、ストーリー重視の漫画に戻るのは至難の技です。食戟のソーマは、助平+ストーリーというバランスで連載していますが、ストーリーがちょっとアレなので、助平で補正をかけていますが、もう厳しいんじゃないですかね・・・。

話がずれてしまいましたが、なぜ僕は「ぼく勉」のこのシーンに感動したのかというと、2つの理由があります。

理由① この漫画はパンツを見せない

理由② 文乃ちゃんは清楚キャラ

まず、理由①なんですが、先述した通り、この漫画はパンツなどの直接描写はほとんどありません。下着の存在などはいくらかありますが、ラブコメであるパンツボローン!パンツメクーリ!なシーンはほぼありません。

なのでヒロインズがどんなパンツを履いているかは、読者にとって不明なのです。なのでファン達は、ヒロインズがどんなパンツを履いているのかを性格や、私服姿、言動などから予測をするしかないのです。そして理由②である文乃ちゃんは清楚キャラだという事にも繋がってくるのですが、皆さんがイメージする「大人なパンツ」を履く女性ってどんなイメージでしょうか?ちょっとアダルティ?お姉さん系?

色々イメージがありますが、恐らく「ちょっとうっふん」なイメージを抱くのではないでしょうか。だってアニメとか漫画とかのヒロインの下着って、基本的にちょっと子どもっぽいのが多いじゃないですか。くまちゃんパンツとかど定番のど定番ですし。

ところが、この文乃さん。けっこうな清楚キャラで(毒舌だけど)、周りのヒロインと比べると、そういった色系の話にはほど遠い感じなのです。

ですが〜、この文乃っちさん、なんと大人っぽいパンツを召されているとの事で、ここで文乃さんの本当の性格について妄想が働くわけですよ。もしかしたら、ちょっと周りより大人っぽく見られたい?本当はセクシー系?などなど。

周りのヒロインがそういった系に関してはお子ちゃまなのもポイント高しです。この娘だけ、実は周りよりも1歩2歩進んだ考えを持っているのかもしれません。(まぁ、主人公と一緒に寝たという最強イベントをこなした娘ですからね・・・

なんにせよ、漫画でこの事について説明するシーンは今んとこありませんので後は読者の妄想で楽しめ!という事なんでしょう。

現代では、あまりにも露骨な助平を見る事が簡単になってしまい、あまつさえ全年齢の少年誌でさえ(漫画の中とはいえ)おっぱいが簡単に描写される時代。そんな直接的な助平描写全盛期に反するかのような、後は各々の妄想で楽しんでくれ!以上!的な描写に感動いたしました。

本当にもう最近は簡単に肌の色を出しすぎなんですよね。ラノベの表紙が露出の高い女性のイラストばかりでキモいという事が一時話題になりましたが、「おっぱいやパンツだしときゃいいやろ!」というのが気に入らない。助平というのは本来であれば、そんなストレートな物ではないはず。妄想に妄想を重ねて、混沌と化した中に助平という物があるのだと僕は信じています。妄想というのは終わりがないですからね、無限供給なんですよ。凄い!

僕はこれから、ぼく勉を1巻から読み直してきます。文乃っちが登場するたびに「あ〜、こんな真面目そうな顔してるのに実はアダルティなパンツ履いてんのか〜グヒヒ」と妄想してきます。最高にキモいですね。

ではっ!