ただいま充電中

会社辞めました。最後の秋休みを楽しみます。

PhotoshopでGIF画像を作ってみた

iOS12の影響でしょうか。iPad側のAir Dropがまったく反応しません

僕は、いつもiPadのProcreateというアプリで絵をカキカキした後、Air DropでMacBookにぶっ飛ばし、それをPhotoshopでなんかして、ブログの画像に利用をするという事をしているのですが、肝心のAir DropがMacBookを認識しません。

なんで?!

なんか今日iOS12がリリースされたみたいで、その影響かもしれませんが、よくわかりません。別のアプリを使うなりなんなりすればいいのですが、とりあえず今までずっと気になっていたPhotoshopでのGIF画像作りをやってみることにしました。

話が変わりすぎじゃない?

とりあえず形にしてみる

参考にさせていただいたサイトはこちらです。

creator.dwango.co.jp

なるほど、これは面白そうです。これをやってみましょう。

使用する画像はこちら 20180914204438

これを、1時間ぐらいサイトの通りにいじって、

こうっ!

20180918190518

おおお・・・

動いてるぅうううう!!!

レベルは、おそらくフォトショマスターの方々からすれば、うんこみたいなものかもしれませんが、僕の中では100点満点、とりあえず形にしてみる作戦は大成功です。今後、これを基本に色々技術を磨いていきたいと思います。

将来的には自分の描いたオリジナルキャラクターが画面中動き回るGIFアニメーションをつくってみたいものです。

とりあえず、明日にはAir Drop直ってますように・・・

今日はもういいとして、明日もAir Dropが利用できなかったら少し困ったことになります。明日には直っていて欲しいものです。

別の方法を探るにせよ、今までの作業リズムが崩れるのは嫌ですね・・・。今日はたまたまAir Dropの機嫌が悪かっただけだと信じたい・・・。

それではっ!

*追記 Air Dropが利用できるようになりました

iOS12にアップデートしたら普通に利用出来るようになりました。

でも昨日まで普通に使えたのに、新しいOSがリリースされた瞬間に利用できなくなるのは良くわかりません・・・。どういうこっちゃ?