ただいま充電中

会社辞めました。最後の秋休みを楽しみます。

任天堂のオンライン有料化開始に対しての超個人的な感想

20180831115259

ついに9月後半からNintendoSwitchのオンラインサービスが有料化します、ネット上では賛否両論様々な意見が飛び交っております。

僕もいち任天堂ファンとして、完全に遅れてる感はありますが意見を書いて行きたいと思います。

ちなみに、「有料化に賛成反対」と言われると「反対」側に近いです。

超超率直な意見は

今まで無料だったのが有料になるのは、やはりどんな理由であろうと抵抗感はあります

反対に「近い」というのは、「まぁ、しょうがないか」という気持ちが半面、「任天堂にはやって欲しくなかった」という気持ちも半面あるためです。

今回は、なぜ「やって欲しくなかったか」について書いていこうと思います。

*サービスの内容や、料金などについては公式サイトにまとめられていますので、ここでは省略致します。→公式サイトリンク(クリックで公式サイトに飛びます)

オンラインの有料化で、任天堂のターゲット層が変わった気がする

まず、最初に今回のオンライン有料化で、任天堂が「変わったなぁ」と思った点を述べたいと思います。

今まで、自分がプレイしてきた任天堂のゲームを思い返すと、本格的にオンライン対戦をプレイしたのがスプラトゥーンでした。

それまでマリオカートスマブラなど、オンライン対戦出来るゲームは多々ありましたが、それらは別にオンラインに接続しなくても遊べるし、僕はほとんどオンラインに接続しないで遊んでいました。

しかしスプラトゥーンはオンラインに接続をしなければ、まともにゲームをプレイする事が出来ません。オンライン接続が前提のゲームをプレイするのはこれが初めてでしたね。

スプラトゥーンから、任天堂ゲームの「オンライン化」が始まったような気がします

今回の「オンラインの有料化」は、今後のサーバーの維持強化サービスの向上などが目的であると聞きましたが、いつの間にか任天堂も無料でサーバーを維持するのが難しくなるぐらい「オンラインユーザー」が増加したと言う事でしょうか。

任天堂のオンラインゲーム・・・と考えると、そんなに頭に浮かんできません。そもそも任天堂がオンライン対戦が盛んなイメージがありません。

僕の中での任天堂のゲームのイメージって

・オフラインでみんなで集まってやる

・ソフトを買えばすぐに遊べる

・内容や操作がシンプルなゲームが多い(直感的にわかる的な)

というのが強く、逆にオンライン対戦というのはある程度ゲームが得意な人向けのようなイメージがあります。最近はそんなイメージはないかもしれませんが、オンライン対戦はネット接続しなければいけない点で、オフラインのゲームより敷居は高いはず。

任天堂=簡単というのが僕のイメージです。

過去に発売したwiiは、「誰でも簡単に遊べる」ようにコントローラーやゲームシステムを直感的にしたわけで、そこから任天堂は「ゲームは難しいものではなく、簡単で誰でも出来るものだ」というイメージがつきました。

今回のSwitchだって、「いつでも、どこでも」楽しむのがテーマであり、こう言っては色々語弊がありそうですが、ゲームそのもので楽しんでもらう事は任天堂にとっては重要ではなく、ゲームを通して、みんなで集まってわいわい会話をしながら楽しんでもらう事が任天堂のコンセプトの一つにあるのではないのかなと思っております。

さて、話がズレた気がしますが、つまり今回のオンライン有料化は、これから任天堂のオンラインが必要なソフトが増えると言う事を示唆しており、テレビとハード、ソフトさえあればすぐゲームがプレイ出来るスタイルから任天堂が離れていく事になるのでは?と強く感じております。

もちろんオンライン対戦は、全世界の見知らぬプレイヤーとプレイ出来るので、非常に夢があるし、良い事だと思います。

ただ、任天堂が本格的にオンラインゲームに関わっていくのはちょっと違和感があります。

人によってはオンラインソフト=ヘビーユーザー向け?と思われる方もいるのではないでしょうか。ちなみに僕も、オンラインゲームはちょっと怖いなーと思っております。

見知らぬ人と協力してゲームを攻略するという行為が足手まといになったらどうしよう・・・とか余計な事ばっかり考えてしまいますからね。

任天堂にはあまりオンラインに力を入れないで、オフラインで気軽に出来る面白いソフトをどんどん出してもらいたいな〜と思っているのですが、考えが古いのですかね?

ターゲット層が、子どもから大人のヘビーユーザーにシフトしている気がする

なぜ、有料化をやって欲しくなかったのか

ゲームのメインユーザーは、基本的に子どもだと言う事

やっぱりいくら月々の料金が安かろうが、有料である事は変わりがありません。

お金のない子ども達にとって死角問題でしょう。

親に頼んで払ってもらうという手はありますが、そういった「オンラインをやるためだけにお金を払う事」の価値観は家庭によってまちまちですし、親から「ゲームの本体もソフトも買ってやったのに、なんでまた金がかかるんだ!しかも月額だと!?」と言われてしまう子もいるかもしれません。

子どもがオンラインからいなくなるから快適になる」という意見もありましたが、それはあんまりだと思います。ゲームは大人だけのものではありません。

オンライン対戦のソフトをやらなければいい話ですが、スプラトゥーンという人気ソフトがあるため、そんな事でプレイが出来ないのは少し酷ではないかなぁ、と感じますね。

オンライン対戦ソフトが増えそうで怖い

前述した通り、「オンライン化をこれから活発化させていくよ!」というメッセージに感じるんですよね。

有料化することによって、今よりオンライン周りを良くしなければならない使命が任天堂には課せられるわけですから、その使命感から任天堂が変な方向にいってしまわないか心配です。

オンラインでやるゲームってやっぱりどこかに縛りがあるんですよ。プレイ時間やゲーム内の行動など、自分1人が暴れる事は難しい。

やっぱりゲームはのびのび自由にやれるべきなのです。そんなゲームがどんどん減っていくのかなぁ。

有料化賛成の意見が、なんだかなぁって感じがする

*こっからただの文句となります!すいません!

有料化について調べると、どうやら有料化に反対することは叩かれる対象になるみたいですね。

この有料化について書いてあるブログが見つけられなかったので、YouTubeを見てみると、ほとんどが有料化賛成派でした。

んで、なんで賛成なのかなぁ〜と思って視聴してみましたが・・・

・・・

・・・なんか上から目線だな

● 気に入らなかった意見①「無料で提供される方がおかしい」

確かにサービスが無料で提供されるのは、企業としては何もいい事ないでしょう。やはり提供には人件費やら開発費やらお金がかかるわけですから、それをタダで提供するのは相当厳しい事でしょう。

ただ、この言葉は「基本無料」をうたっているソシャゲに言うべき言葉ではないのか?と思います。

例えばスプラトゥーンを例に挙げると、このゲームはプレイするまでに

Nintendo Switch本体」+「スプラトゥーンソフト」+「インターネット代

が費用としてかかってくるわけです。決して無料ではないです。

なのに、「無料」とはどういう事でしょう。

そもそも、スプラトゥーンは「オンライン」でプレイする事が前提のソフトですよね。

「オンラインプレイ」前提のソフトを、お金を払って買ったのに、オンラインをするのに別途費用がかかる・・・。

開発側とオンライン側との関係は良くわかりませんが、一般の人から見たら「お金を払って買ったのに、またお金払うの!?」ってなりますよね。僕はなりました。

「無料ではサービスが続かない」

「今まで無料でやってくれた任天堂に感謝!」

という、やたら「無料」と出てくるのが気になりました。

泊まる為にホテルを予約したのに、ベッド代は別だと言われて、「無料でベッドが提供されると思うな!」と言われた気分です

ふーん

● 気に入らなかった意見②「安いからいいじゃん!むしろ色々サービスあって任天堂神!」

安いからいい」っていう意見って結構危ないですよね。

これぐらい払えよ」という意見も然り

お金の価値って人によって違いますし、大人の300円と子どもの300円は相当価値に差がありますよ。

つまり、言いたい事は?

これぐらい払えない貧乏人がよぉ!」って言われてるみたいで、なんかヤダ

そりゃあ、有料化した方が、オンラインの質が上がり企業的にも良いことなのですが、どうも賛成派の方の意見が

反対派は無料でなんでも求める人たち

たかだか300円も払えないのか」という意見に集中しており、どうもなんかなぁ

「逆に今まで無料で出来ていたことに感謝!」このコメントがキングオブベストで嫌いですわ

そりゃ、賛成派に回った方が楽ですよ。だって当たり前の事を言えば良いし、むしろ余裕感も出ますし。

しかし、難しいよなぁ、どうしてもこういうのは反対派が下に見られますよね。

以上、ただの賛成派の意見にケチをつけたい人の意見でした!

色々書きましたが、要約すると

・任天堂変わっちゃうの?

・オンラインを無理に強化しなくていいよ!

・賛成派の上から目線の意見が気に入らない!

という、非常にシンプルなものです。(笑)

正直言うと、もう有料化は決まっている事ですし、オンラインゲームをプレイしたければ毎月お金を払う他ないわけで、文句を言ったりするのはどうしようもない事なのです。

払いたくなければ、オンライン対戦をしなければいいわけですし、プレイヤーも選ぶ権利はありますので、そこは自由なのです。

任天堂側から考えれば、オンラインの有料化はした方がいいですし、いずれはしなければならない事です。お金が取れる事なのに、取らずにコストだけかかり、会社の経営やサービスが悪くなったら目も当てられません。

そりゃあ、ユーザー側は無料であった方がいいに決まってますし、今まで無料だったものが有料になると反発はあります。僕も今まで通り無料であった方が色々と助かります。(ニートだし(笑))

ただ、今回の有料化で、「有料化に賛成」の方の意見が少しムムム・・・?というのが多かったのです。

確かに言っている事は、「当然」の事を言っています。ただ、それはあくまで企業側の立場になって言うとの話で、ユーザーがまるで説教みたいに反対派の方々に言うものではない気はします。

うまく表現できませんが、なんかその「反対派の意見は全て間違っている」的な言い方は非常に違和感を感じました。正義を振りかざすとでも言うのでしょうか、上手く言えませんが。。。

まぁ、なんだかんだ言って、色々モヤモヤして、自分の考えがまとまらなかったので、記事にしてまとめて見た感じです。結局うまくまとまらなかったけど・・・。これ系の記事は難しいですね。

とりあえず加入者特典のドンキーコングが楽しみすぎる