ただいま充電中

会社辞めました。最後の秋休みを楽しみます。

退職後にする手続きは?とりあえずコレだけ!

20180728220238

こんにちは 失業中のHAAANです。

会計事務所を退職し、ようやく自由の身になったと思いきや、まだ退職後の諸々の手続きを完了しておりませんでしたので、大至急手続きをして来ました。

退職届を提出して退職日が決定したら、引き継ぎ等でドタバタになり退職後に何をするべきか調べる余裕がないかもしれません。

僕自身も、仕事を辞めてからようやく調べて手続きを行いました。

今回は簡単ではありますが、退職後に行う手続きをまとめてみました。 ご参考にしていただければと思います。

*自分の体験をもとにまとめております。市町村ごとに異なる可能性がございますのでご了承ください。

退職後に行う手続きは?

ざっと以下の3つの手続きを行うことになります。

・年金の切り替え(退職後14日以内)

・保険の検討、切り替え(退職後14日以内)

・失業保険の申請

なお、上記の手続きは会社から送られてくる離職票が必要となってきます。 離職票は通常は会社から退職後に送られてくるものなので、それまではのんびりしましょう。(笑)

持ち物リスト

・離職票(各3部ずつコピーしておくと後々便利です。)

・身分証明書(免許証とか)

・マイナンバーカードか通知カード(ペラペラの紙のやつ)

・年金手帳

・雇用保険被保険者証

・直近3ヶ月以内の縦3cm×横2.5cmの写真2枚

・本人名義の通帳&印鑑

マイナンバーの確認が結構多かったので、通知カードを持って行くのを忘れないようにしましょう。 ちなみに、持ち物リストにある写真なのですが、セブンイレブンのネットプリントを利用すると非常に安く済ませる事が出来るのでオススメです。200円でプリントアウトできます。証明写真機でプリントアウトするとメチャクチャ高いですよね・・・。

年金と健康保険の手続きを行う

まずは市町村役所・役場にレッツラゴーです。

先にハローワークに行って、失業保険の申請手続きからでも良いのですが、年金と健康保険の手続きの方が、案外あっさりと終わるので、こちらから先に片付けた方が僕としては楽でした。

年金の切り替え

●国民年金に切り替える

もしくは

●家族の社会保険の扶養に入る

のどちらかを選択します

年金は楽チンです。窓口に行けば、いろいろ教えてくれます。

この際に離職票を渡すことになるのですが、オリジナルを渡してしまうと失業保険の手続きの際に提出する離職票がなくなってしまうので、あらかじめコピーをしておくといいと思います。

ここで重要な手続きが一つあります。それは「年金の免除の申請」です。

・毎月の年金の支払いをしなくてOKになる

・ただし、将来貰える年金の額は減る

・だが、ある期間までに支払わなかった分を払えば、貰える年金額は変わらない

僕も仕事を辞める前に、年金は免除できるという話をチラッと聞いており、「免除になるぐらいだから色々手続きが面倒なんだろうな〜」と思っていましたが、実際は書類にちょこちょこなんか書いて提出し、審査の結果(ほぼ通るそうです)を待つだけです 。かなり簡単でしたので、退職後にしばらくニート収入の目処がない人は免除にしておいた方が良いと思います。

健康保険の切り替え

●国民健康保険に加入する

●会社で入っていた健康保険を任意継続する

●家族の社会保険料の扶養に入る

のいずれかを選択します。

健康保険は、国民健康保険か任意保険かで結構毎月の支払う金額が異なってくるので、注意が必要です。

国民健康保険は一般的に高い!と言われており、任意保険は今まで会社から引かれていた社会保険料を倍にした金額がおおよそ毎月支払う金額だよ、ということを聞いておりましたが、いざ自分はどちらの保険を選ぶか考えるとすごい面倒なんですよね・・・。正直、この社会保険料について調べるのが面倒で諸々の手続きが期限ギリギリになってしまいました・・・笑。

色々調べて手続きに行ったのですが、試算も比較も全部区役所でやってくれました。

僕の給与データも全て区役所にあるので、「どっちが得か知りたいっす」といえば試算してくれます。やったぜ

失業保険の申請手続きを行う

ハローワークに行きましょう。

退職の際に、事務所から「失業保険のパンフレット」を貰い、その中で離職票に色々必要事項を書き込んでから来いと書いてありますが、何も書かずに持って行っても問題ありませんでした。というか間違えて書いてたら面倒なので、何も書かない方がいいのかもしれません。

失業保険がもらえるまで、色々と面倒な事が多いみたいですが、それは僕が体験次第、後日まとめてみようと思います。

最後に

とりあえず、ここまでで退職した後に行う手続きは以上となります。

手続きとなると、なんか面倒くさいなぁ〜って感じてしまい、なかなか行動するのが遅くなってしまいます。

ここで言いたいのは基本的にやることはそんなに多くない、という事と、窓口で色々教えてもらえるということです。

なので必要書類だけは忘れないようにして、あとは向こうの指示に従って手続きを行えば、案外簡単に終わるなーという印象を、実際に体験して思いました。

これが終われば、(失業保険の件は除いて)晴れて自由の身です。とっとと終わらせて遊びましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。